カラコンのレンズ汚れと目の痛みについて

カラコンのレンズ汚れと目の痛みについて



カラコン装着時に痛みがある場合は、レンズ汚れの可能性があります。
一時的にゴロゴロしたり異物感を感じる時は、レンズにメイクや花粉などの汚れが付着していることが多いので、一旦取り外し、保存液で洗うことで解消されます。
カラコンはソフトレンズなので、水道水は使用できません。
常に症状が出ている場合は、落ちないレンズ汚れや変形など、レンズ自体の劣化が考えられます。
眼病予防のため、新しいカラコンに交換する時期と言えます。

カラコン装着中の目の痛みはレンズ汚れが原因かも



カラコンを日常的に使う人が増えるにつれ眼の痛みを訴える人も増えています。カラコンにはケア不要の1日で使い捨てる物から、ケアしつつ2週間~1年位使う物まで、さまざまな種類があります。1日で使い捨てる物以外は、それぞれに合ったケアの方法を守らなくてはレンズ汚れにつながってしまいます。レンズ汚れを放置してカラコンを使い続けていると眼の充血、炎症を引き起こす危険性が増えます。レンズ装着中に痛みを感じ、ケアがキチンと出来ているか不安な人は眼科を受診しましょう。

カラコンの痛みの原因であるタンパク汚れについて



カラコンを付けている時に起こる痛みの原因の一つがタンパク汚れです。
人間の目からは様々なものが分泌されていますが、タンパク質もその一つです。これ自体は有害な成分ではないものの、カラコンに付着して酸化したり紫外線などの影響で変質することによって目の痛みを引き起こす物質になってしまいます。
タンパク除去剤は色々な種類が売られています。
1デイや2ウイークなどの使用期間の短いカラコンはタンパク汚れを落とす必要がありません。

カラコンのタンパク汚れに注意する



カラコンを使用し続けると、タンパク汚れが発生します。
これは体の中から出る汚れであり、酸化や乾燥により固着し、紫外線や温度変化で変質タンパク質になります。これを放置するとレンズが曇り、目の痛みや結膜炎の原因になります。
タンパク汚れは毎日洗浄液で洗っていても少しずつ溜まってしまうため、タンパク除去剤を使用して手入れする必要があります。洗浄液の中にはタンパク除去成分を含んでいるものもあるため、別々に手入れするのが面倒であればそのような洗浄液を選ぶと良いです。